乳歯の歯列矯正は必要?

work

乳歯の並び方が悪い場合に、急いで歯列矯正をしたいと希望する人もいるようです。乳歯は永久歯と生え変わるので、乳歯の歯並びを矯正しておくことで永久歯になってからも正しい位置に生えてくるように思えますが、残念ながら乳歯をきれいに整えたからといってその後に生えてくる永久歯まできれいに生えそろうかというと必ずしもそういうわけではありません。
しかし反対に、どうせ生え変わるからと乳歯の歯並びが全く無意味になるかとそうでもないのです。乳歯の歯並びを矯正することで、将来的にアゴの成長が非対称になるのを避けることができ、それによって生じる不正咬合を予防する効果が期待できます。つまり永久歯が正しく生える可能性を高める役には立つということです。
例えば乳歯が生えた時点でやや受け口気味の子供に対し歯列矯正を施しておくと、永久歯に生え変わった後で受け口という間違った骨格で成長をすることがなくなります。なるべく早い段階で重大な骨格の変形をおさえておくことは、大変意味のあることです。
しかし反対に、乳歯で受け口を防いでいたからといって、成人後必ず受け口にならないというわけでもないので注意が必要です。しかし乳歯のときに最低限の予防策を高じておくことにより、もし受け口に変形するようなことがあっても、最小限にその影響を防いでおくことは可能です。乳歯のときの歯列矯正は歯並びそのものというよりも、アゴや顔の形を整えるものと思っておきましょう。