歯列矯正と後戻りについて

work

歯列矯正をしたあと、数年から数十年が経過したことで矯正前のような乱れた歯並びになってしまっている人もときどき見られます。これと「歯列矯正の後戻り」と呼んでいます。後戻りが起きた歯並びはかなりひどくなることが多く、全く矯正をしていた過去を感じさせないほどになってしまう症例も見られます。
歯列矯正の後戻りを防ぐため、治療終了時にリテーナーという後戻りを防ぐ装着器具を渡されることがあります。歯列矯正の後戻りの原因の多くは、患者さんがこのリテーナー装着をサボってしまったからではないかと言われています。ですが、きちんと指示通りにリテーナーを装着していた場合においても、残念なことに後戻りが起きてしまう場合があります。
歯列矯正治療を行うとき、歯並びの根本にあたる部分をしっかり矯正することなしに、治療終了時の見た目を整えて終わりにしてしまうようなケースも多く見られます。本来歯列矯正はそのあとの生活の中の咬み合わせまで考えて行うものですが、奥歯がしっかり咬み合わないまま治療が終わってしまうと、時間の経過とともに歯が治療前の位置に動いていってしまうのです。これは開咬という奥歯の咬み合わせがずれている症状のときに起こります。
もともと開咬の人は前歯で何年もものを噛んでいなかったため、噛む力が弱まって起きてしまいます。正しい咬み合わせがつくられても、前歯が働かないためどうしても長期的にずれが生じてしまうのです。