歯列矯正とアフターケア

work

歯列矯正は、強い痛みや長期に渡る治療といった患者さんにとって大きな負担のあるものです。ですが、だからといって治療終了後にもずっとその歯並びがキープされ続けられることが保証されるかというと、そういうわけではありません。残念ながら、適切な治療がなされていなかったり、治療終了時にきちんとアフターケアされていない場合には、比較的短い年数でもあっというまに元の歯並びに戻っていってしまうことがあるのです。
歯列矯正をしたにも関わらず元に戻っていってしまうのは、開咬という前歯で噛む力が弱まってしまっている状態のときによく起こります。前歯で何十年もものを噛んでいないと前歯で噛む力そのものが衰えていってしまい、正しい咬み合わせの位置を矯正したとしてもアゴが次第に後ろ側に下がっていってしまうのです。
このような偏った咬み合わせが体に習性としてついてしまうと、なかなか治すことはできません。そこで、開咬と診断された場合には、意図的に前歯で噛む力を鍛える訓練をすることが必要になってきます。今まで使っていなかった噛み方を練習しれいくことで、アゴの力を整え後退を防ぐことができます。
それまで習慣で悪い噛み方をしてしまっていた人であっても、正しい噛み方を覚えることで正常なアゴの動きをすることが可能になります。歯並び以外にも顔の筋肉に問題があることで歯並びに異常が起きてしまっていることもあります。歯列矯正ではアフターケアが大切です。